WORKS 026

家族の成長に呼応するバリ風リノベーション。

面積
79.95㎡
間取り
3LDK→1LDK+WIC
構造
鉄筋コンクリート造5階建 壁式構造 
リノベ
竣工年月
-
築年月
-
施工金額
1,013万円
物件価格
1,750万円
家族構成
3人家族
場所
埼玉県志木市
路線
東武東上線

賃貸にお住まいでしたが家族が増え手狭になったことから、家づくりを検討されたご夫妻。ご実家から近い住み慣れたエリアで、「コストパフォーマンスのいい設計」を実現できることから「中古住宅×リノベーション」での家づくりを決断されました。

お二人が購入を決断されたのは、マンションの小屋裏空間が広く天井を高く出来る約80㎡の最上階にある住戸。頂いたご要望は、「家族の成長に柔軟に呼応する間取り」と「バリのホテルのような空間」でした。そこで間取りは、可変性を持たせた1LDKとし、立体空間は小屋裏空間を最大限活かせる勾配天井でホテルのロビーのような開放的な空間に仕上げています。内装面では、バリを連想させる「オレンジ色の木材、白い壁と石」を基調にデザインを構成しました。中でも建具(扉)は、既製品でイメージ合うものが無く、無垢の建具をオレンジ色に塗装しました。また、ドア枠のケージングを大きくすることで、重厚感を出しています。石材のような質感のあるタイルを張ったファミリークロゼットの壁は、上部と下部に空間を設け視線の抜けを創出。来客時に人目に触れやすいリビングに併設しながらも、空間デザインとプライバシー性を高める設えになっています。

セミパブリック空間(LDK)とプラベート空間(居室)を繋ぐエントランス空間に置かれた飛び石のような踏み場や、空間を彩るこだわりのマテリアル(素材)。毎日の暮らしの中に、ご家族の思い出の地に遊びに来ているような非日常的な時間を演出しています。

BEFORE

AFTER